不動産会社を探す【自分に合った住まい探し】

Real estate

狭い不動産

不動産も都心などでは坪単価も大きく、空き地があっても面積の少ない土地も多いものです。 家族数も少なくなる傾向にあり、狭小な土地であっても工夫することで快適な家は建てられます。 しかしこれは経験のある設計家やこの手の建築に特化した事務所であれば間口が例え1間前後のものでもそれなりのテクニックを使って住宅を建てることは可能です。 建築面積が少ないこともあって、居住に必要なスペースを確保するために2階建てや3階建て、あるいは地下室を設けたり屋上に庭園を設けたり、省エネのために緑化する場合もあります。 不動産の土地の地盤やその支持力如何によっては鉄骨造や鉄筋コンクリート造などの構造を使い分けて建築の設計や施工が行われる場合もあります。 階段を利用することも多くなりますが、機能的にも良く練られ明るくて快適な空間になるものも多いとされています。

不動産ではこの狭小住宅に取り組むハウスメーカーもあり、力を入れ出して来ています。 当然居室の面積は狭いものになり勝ちですが、そこは各階に段差を設けたりして居室の天井高を一定にしないという方法を取るようにしています。 これによって居室の天井も開放感のあるものとそうでないものを使い分けることで意外と快適空間にするということができ、その取り組みが見られます。 階段においては蹴込板を設けず、又、ドアや建具を極力設けないことでコストダウンにも取り組んでいます。 これらのことでより開放的となって、家族が見渡せるような結びつきの密な空間作りにも仕上がります。 又、不動産の住宅で重要な採光や通風にも配慮されたりして来ており、これらの技術はそれなりの経験と知恵を必要とする内容のもので、メーカー独自の特徴を備えたものになって来ています。